▲ページTOPへ

ホームへ戻るプライバシーポリシー特定商取引法に基づく表記

事前に売上が見込めたらいいのに・・・

深夜0時を回った店内。辺りは真っ暗で人通りも少ない時間・・・
疲れた体を押しながら、飲食店の閉店作業に取り掛かる。

原田俊明 48歳。 居酒屋を始めて3年目。
お客さんから美味しいよと言われるが、当初の計画とは全く違い売上の伸びない日々が続いている。

image

「もう貯金も少ないよ?」月末になると、妻からのプレッシャー。
定期預金の残高もあと少し、3か月もすれば底をつく。

どんなに頑張っても、美味しいものを作っても売上の数字が全てを物語る。
売れ残った、自分が一生懸命頑張って仕込みした料理・・・
これ全部廃棄か・・・溜息がとまらない・・・
お客さんの喜ぶ顔を見たくて朝早くから頑張って仕込みをした美味しい料理の数々を自らの手で廃棄する屈辱。

image

こんなはずでは・・・
自分が作った料理を自ら捨てるほど悔しいことは無い・・・
しかし次第にそんな感覚も薄れ、麻痺してくる。

原田さんのお店の近くには数件の同じような居酒屋さんが存在している。
そのお店は原田さんのお店と比べても料理は普通。
でもいつも賑わっていて、特に宴会客が多い。

「何で?あっちの居酒屋なんだよ・・・うちの店の方が旨いのに」

実はこのような悩みを抱える飲食店は、原田さんだけではない。
本当は美味しい料理を作っているのに、余計な苦労をしている飲食店主は多い。

何を隠そう、私の飲食店がそうだったからである。
原田さんのお話をお聞きした当初、私は思わず自分の過去と重なり号泣してしまいました。

毎日アルバイトの子から帰り際に「明日はきっとお客さんきますよ」の声・・・
営業中には、看板出し忘れていないか?雨降っていないか?
と何度も何度も確認するという作業・・・

何でお客さん来ないんだろう。 もう嫌だ・・・

そう思ってから私は勉強しました。
当然何も知らない訳ですから、色々飲食店の集客セミナーにもいきました。

そこで宴会集客法を学びました。

その学んだ宴会集客法を自分で実践し、確実に売上を伸ばし成果を出す事ができました。

もし、あなたの飲食店が・・・

あなたの飲食店の売上は安定的に伸びます。

image

しかも、事前に来店するお客さんの数が分かっていれば無駄な仕込みはなくなり、
作業時間もわかり、効率的になります。
もっといえば仕込みが計算できるので、廃棄ロスは大幅に削減できます。

結果的に、今まで以上の利益が上がる事が可能になります。

雨の日って、嫌い・・・

飲食店の大敵である雨・・・本当に苦痛に感じる日です。

雨が降ると明らかに来店者が減るからです。
つまり、飲食店をやっていると常に天気というものに邪魔される事になるのです。

いつもの繰り返し?もう嫌ですよね。

天気によって一喜一憂するのは本当にしんどくて、
天気に全く左右されずにお客さんがほぼ100パーセント確実に来店してほしい。

出来ます

個人客というのは、来店するかどうか気まぐれで、天候不良とかで来店客数が左右されます。

しかし、7名、10名、15名、それ以上の団体さんの予約というのは、
その日が雨であろうが、来店してくれます。

宴会パターンは2種類あった

先ほどお伝えした通り、宴会客が増えれば事前に売上見込が立ち、
その上余計な食材廃棄ロスも少なくなります。

その結果、勿論経営は安定します。

しかし単純に宴会客と言っても、実は2つのパターンがあり
利用する方は異なります。

  1. 低単価、キャンセルの確率が高い
  2. 高単価、キャンセルの確率が低い

この違いわかりますか?
前者は合コンや、友人との飲み会など個人宴会客です。

一方後者は法人宴会客です。
一般的には、法人宴会客は忘年会、新年会、送迎会、歓迎会、納涼会、秋の収穫祭など
予約が一度入れば滅多にキャンセルになることがありません。

しかも法人なので、単価が少々高くても予約してくれます。
お店からすると利益が確保できるとてもありがたいお客さんなのです。

法人から宴会?さてどうやって?

この方法をいうとびっくりするかもしれません。
それは・・・FAXDMによる法人利用による宴会集客法です。

「FAXDM!?そんなの誰がやっているの?昔の手法じゃん」と思った方もいるかと思います。

しかしFAXDMで確実に宴会客をとり売上を伸ばしているお店が増えています。
FAXDMが良い理由は2つありまして、

そもそも競合する相手がやっていません。

最近はみんなインターネットの方に力を注いでいます。

だからチャンスです。

この方法で飲食店が毎月の売上を70万、80万と通常の売上に上乗せすることができています。
私自身もやっているので実際の経験からも言えます。

直接法人にアプローチができること

地元情報誌、チラシ、新聞広告と他にも手段はありそうですが、沢山ある中からなので見つけてくれる確率は低くなります。

しかも会社でゆっくり新聞など読んでいたら上司から怒られることでしょう。
従って、宴会を企画している幹事であっても新聞を読んでいる時間などないのです。

ホットペッパーやその他の雑誌は多額の費用がかかるのと大体他のお店もやっていて目立ちません。 目立たないから中々宴会客をとることができません。 しかも購買者の過半数以上は、個人の方が中心なので、法人宴会客を獲得することに適していないのです。

ではFAXDMはいかがでしょうか?

ホットペッパーや、その他雑誌では、何十ページもある中から見つけてもらわないとダメだったり、掲載できる大きさは限られます。

FAXDMは違います

直接お客さんに必ず読んでもらえるし、
A4用紙の大きさで宣伝できるので非常に効率が良いのです。

法人の場合、宴会のお店を一つ決めるのにもルールがあります。
それは部内での回覧・稟議です。

例えば、総務部が新年会の企画を考えている際に、
総務部の新年会の幹事は同じ部署の人に次のような文章を回覧します。

「⚫︎⚫︎のお店で新年会を開きます。
出席人数を把握したいので、参加、不参加に  ⚫をつけてください」

このように出席の回覧をします。
その際にFAXDMで送っていればお店の情報も回覧され、新年会の予約に繋がりやすいのです。

予約したいんですけど・・・17名です・・・

一本の電話で予約成立

今までは個人客が今日はどのくらい来店するかどうかで、
日々の売上に左右され一喜一憂していたのが嘘のようです。
宴会客からの1回の電話でその日の11人、15人の来店売上を確保することができるので、
経営が安定する
ようになります。

毎日の売上が見込めなかったストレスから解放され、
事前に来店客数が見込めるようになるので、精神的にも非常に楽になります。

今回あなたにお届けするのが、このFAXDMによる宴会客(新規客)獲得法です。
今回は、あなたがすぐに学べて、FAXDM原稿を書けて、宴会需要を獲得できるように、パソコンで動画を閲覧できる形で提供させていただきます。

naiyou1 naiyou2 naiyou3 naiyou4

実は、このFAXDMの方法は、法人の宴会予約獲得に役に立つだけではありません。それ以外にも・・・

一体、どんな用途や業種で役に立つかというと・・・

naiyou1

今すぐ申し込む

成果を出してもらうための特典

特典1 特典2

今すぐ申し込む

価格についてお話します・・・

このセミナーの価格についてお話しする前に、
このFAXDM集客法を実践すると、どの位の売上になるのか、お話したいと思います。
この方法を学び、宴会の予約が入るようになるとします。

先日も利用した方から連絡が入りました。

配信1200件(費用1万2千円)に対して、 結果、売上40万円(7件名98名)になっています。
また、別の方は、2000件(費用2万円)にFAXDMを送り、35万円の売上。

このようにやれば結果がでています。

そして、この教材を実際に学び、FAXDMをやるのが初めてという広島の焼肉屋さんは、恐る恐る280件だけ送信したそうです。 配信費用は2,800円。そして、その日の夕方に1件予約が入りました。 一人4000円の忘年会コース20名様。 合計8万円の売上です。分かりやすいですよね。

例えば、これが5件入れば40万円。10件で80万円です。

もし、この方が同じ市内で3,000 枚を配信したとします。 1件10円の配信料金が掛かりますので、広告費は3万円。
そして、4000円の宴会20名が10件入れば80万円の売上になるのです。

そして、この教材を学んだ別の大阪のうどん屋さんは、
1500件に送り、わずか2日間で予約が殺到。
7件40人売上16万円の宴会予約を受注しています。
その後、聞いたところ、以下のような返信メールをいただきました。

こんにちは。

昨日から雨が降り続き、夕方から風も強くなり
とても憂鬱です。

12月、1月、2月はこんな日が何日もつづき
予約がない日は、お客さん誰も来ません。
でも今年の12月は違います。

なんとFAXDMでの来店予定客数184名(22組)になりました!
2回目のFAXDMで“グッ”と増えました。

個人での宴会予約も192名(20組)あるので合計376名(42組)
最近はおことわりの電話ばかりですが、なんとか宴会予約ねじ込もうと、
「この日ならなんとかできますが」と、お客様の希望日じゃない日に変えてもらっています。

おかげさまで、過去最高宴会客数になり毎日アルバイトさん達には忙しく仕込みしてもらっています。
やっぱり、結果が出るって本当に嬉しいですね。

ご覧のとおり、1500件へ都合2回、合計3000件の配信結果が、
22組184名の宴会売上につながっています。
一人予算4,000円なので、3万円の配信費用で73万6000円の売上です。

しかも、宴会予約を取りやすい時期ですから、もっととれる場合ももちろんあります。
なぜなら、あなたがFAXDMを送らなくても、
毎日のようにどこかで忘年会が開かれているからです。

ちなみに、配信先の数が3000件を越すと、9円、8円と配信数に応じて、料金が安くなります。

このように3000件の配信料金3万円で60万円の売上になったら、
これは非常にお得な投資だとおもいませんか?
しかも、宴会需要は毎年定期的に増える時期がありますよね。

1月の新年会、3月4月の歓送迎会。夏の納涼会。秋の収穫祭。年末の忘年会。

こうしたシーズン中に合わせてあなたは何度でもFAXDMを送り続け、
宴会売上げを獲得することができるのです。
弊社のクライアントさんは、このFAXDMを行い、継続的に売上を伸ばしています。
つまり、1宴会シーズンに少なく見積もって50万円の売上を得るとしましょう。
年間にこうした宴会シーズンが何回あると思いますか?

1月の新年会、3月の送迎会、4月の歓迎会、5月のゴールデンウィーク、7月、8月の納涼会、10月の秋の収穫際、11月後半から12月にかけての忘年会。最低でも5回以上あります。つまり、これらのチャンスを活用すれば、年間で250万円を上乗せすることができます。
しかも、この方法は、今回限りでなくお店をやっている限り、ずっと使い続けることができるのです。

とくに、やっている人が少ないからこそ、今がチャンスなのです。
このように新規のお客さんを得られる方法をマスターする方法を、
わずか15万円で公開しようと思います。

しかし、15万円では、本当は年間250万円程売上を伸ばせる見込みのある飲食店でも、今の売上が低すぎて15万円は払えないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、そうした方たちにも売上を伸ばすチャンスを手にしてほしいと思い、ある決断をしました。
どれだけ遠慮して、少なく見積もっても15万円以上の価値があるとは思いますが、これから繁盛飲食店になろうと頑張る方でも利用しやすいように、今回は5万円という破格の設定にしました。

今すぐ申し込む

そうです価格は5万円です。
5万円ならば1回のFAXDM配信で得られる売上で今回の費用はすぐに回収できますし、
あとは全てあなたの儲けとなってお店にお金が増えていきます。

これを高いと思うのであれば、しょうがありません。
私も効果的なノウハウを無意味に安売りするつもりもありませんので、ご遠慮ください。

それでは、FAXDMを新たな集客方法として取り入れて、お店の売上をのばしたいかたは、
下記の申込フォームに必要事項をご記入の上、今すぐ手に入れてください。

あなたからの売上アップの実践報告をお待ちしております。

コニシ株式会社 代表取締役小西孝明

それでは、この価値を理解した意識の高い方だけ、下記の申込みフォームよりお申込みください。

お申込みメールフォーム

FAXDMで宴会客を獲得する方法オンライン学習講座
教材名  *
FAXDMで宴会客を獲得する方法
支払方法  *
クレジットカード(VISA・MASTER・JCB・AMEX)
代金引換配送による支払
会社名・店舗名  *
名前  *
メールアドレス  *
郵便番号  *
住所  *
電話番号  *

【商品名】FAXDMで宴会客を獲得する方法

【内容】

  • なぜ、FAXDMなのか?
  • 反応率の高いFAXDM作成法
  • キャッチコピーの作り方
  • 読み手を釘付けにする本文の書き方
  • 上手なFAXDMの構成と反応率を高める写真の使い方
  • 仕組みで儲けるFAXDM術(全体的なビジネス構築法)

【提供方式】オンライン学習システム

あなたのパソコン上で動画を閲覧して学ぶことができる形式です。 動画データのダウンロードも可能です。

【販売価格】5万円(消費税込み)

【お支払方法】

1.クレジットカード(PAYPAL使用・VISA・MASTER・JCB・AMEX) 2.代引き配送(納品書を郵送。教材はダウンロード形式です。)

border

プロフィール

コニシ株式会社 代表取締役小西孝明

・コニシ株式会社 代表取締役
・ハウスバンク合同会社 代表社員
・コンサルバンク 代表
・ビストロ レストラン経営
・利益倍増アドバイザー

1988年 岡山県岡山市生まれ(現在:岡山市北区)
お寺の家に生まれ、小さい頃より人と交流、同年代の方から年配の方まで人付き合いを学ぶ。 東京で一旗あげようと上京。上京中は、アパレル、飲食業を経験。
東京で妻と出会い結婚。それを期に帰郷。

したいこともなかったため実家に住みながら土木作業の毎日。
息子も生まれこのままではダメだと思い経営の勉強を始める。
昼間は土木作業をして働き、夜は経営の勉強。
そして、週末は経験を積むため大阪、東京で経営のセミナー修行を経験。
5年間の経営の勉強を経て、独立開業。

飲食業として独立後、全くお客がなく、思い悩む日々を送る。
腹痛が酷く病気の心配から医者の診察を受けると、「体に問題はありませんが、商売はうまくいっていますか?」と医者に商売の心配をされ、帰り道に号泣。 更に、独立前に毎月貯めていた貯金もなくなり大切な愛車を手放し、以前買ったブランド服を売り、大事にしていた時計まで売って赤字の補填をする日々。

こうした経験から、店舗経営者でも同じように資金繰りや集客で悩んでいる方も多いことに気付く。 こうした方達のサポートを通じて、業績の改善、魅力ある店舗作りのサポートにまい進することを誓う。

どんなに仕事が忙しくとも毎月1回の子供とのふれあいを大事にしている。
妻、2男1女と共に暮らす家族を愛する経営者。