小西孝明です。

先日のお話しでは
「環境」のお話しをしました。

人は「環境」の生き物です。
だから変わるためには「環境」を
変える必要があるのです、と、、

(あ、冒頭のタイトルは関係ないですw)

とマァ、当たり前の話をしたので
すが、すぐに環境なんて変えられる
かって思うかもしれません。

そこで今日はそんな時に変わってい
ける人とそうでない人の違いを説明
していけたらと。

経営者であれば、
「売上をあげたい」
「手元に残る現金を増やしたい」
「もっと自由な時間が欲しい」

(もっと稼いで周りを見返したいか
もしれませんが、、、)

そう思うかもしれません。

でも、そのために必要な行動をとる
必要があります。

つまり、今までと同じ行動では今ま
でと同じ結果にしかなりません。

ということは「変わること」が必要
になるんですね。

ただ、ここで大切なことは人は変わ
る事を嫌がるようにできているという
こと。

(恒常性ないしはホメオスタシスといいますが)

根性や気合で変わろうとするのは無理
ですし、やるべきではありません。

ではどうするのか?

それが「環境」を変えることなんです。
が、それでは今日の話は意味がない、、

その「環境」を変えると思った時に発す
る言葉に気をつけてみてください。

何かを変えるという時に人は今までと
同じ未来を継続するために言葉を発し
ます。

その言葉とは、、、

「お金がないから」
「時間がないから」
「自信がないから」

もうこれは鉄板言葉ですね。
変化をしないための世界三大用語に
登録したいくらい(笑)

実はこうやって変わるきっかけを
自ら奪ってしまっているのです。

では一方で変化を恐れず「環境」を
変え、物事を好転させられる人には
特殊な才能があるのか、、、

いいえ、違います。
これはトレーニングなんです。

まず、先ほどの言葉は発しないと決
めるところから。

もし、あなたが「変わりたい」そう
思っているのに変われないなら、、、

そうやって考えてみると面白いです
ね!

あなたならできる!
応援しています^^

バクアゲ!
小西孝明

*追伸*

私はよくコンサルティングの現場で

「変わりたいんだけど、、、」

「お金がないから」
「時間がないから」
「自信がないから」

と言われることもあります。

けど、そこで見放すとその人は困る
のでどれくらい本気で変わりたいかを
聞くようにしています。

で、変化を決意し、劇的に変わった
人を沢山見てきました。

やっぱり人は何でも挑戦することが
大事ですよね!

*追伸2*

前向きに取り組む人を応援できるのは
私にとっても幸せです。

いつもありがとうございます!

無料メルマガ登録 会員制度