小西孝明です。

多くの経営者にとって問題だと感
じているものって「集客」ですよね?

あなたは集客に苦労していますか?

今日ちょっと考えて欲しいのは、
なぜ、集客で困っているのかってこと
なんです。

・知名度がない
・リピートが少ない
・競合他社が多くて目立たない
・価格競争で他との取り合い

まぁ、様々な理由があるでしょうけど
その中で今日お伝えしたいのは、、、

上手くいく人というのは、
「台本がある」ってことなんです。

「台本?なんだそりゃ!」
って思ったかもしれません。。

なのでちょっと説明すると、
商品・サービスを販売しようとすると

「露出」か「成約率」の2つに分けて
考えることができます。

まず露出というのは、宣伝のこと。

ホットペッパーだったり、食べログや
チラシといった集客媒体のことですね。

成約率は書いて字の如しですが、
お客さんが何らかの媒体を見て予約
ないしは購入にいたる率のこと。

ここまでは理解していただけたで
しょうか?

で、上手くいくところというのは、
「台本」があるんです。

露出にしても、成約率にしても台本が
あることで上手くいくのです。

反対に台本がないと上手くいきません。

例えば、
あなたがイタリアンのランチに行った
としましょう。

で、食後にデザートは別になっている
ことをスタッフが言いにきます。

「食後のデザートはいかがですか?」

あなたは思わず、「、、結構です、、」
と答えます。

で、そのちょっと後に別のスタッフが
あなたのテーブルの横の席のお客さんへ

「当店のオススメの苺のデザートと
季節限定の●●のデザートどちらか
いががでしょうか?」と聞きます。

そうして、隣のお客さんは
「季節限定のデザート」
を注文しました。

さ、これを聞いてあなたはどう思う
でしょうか?

最初のスタッフはダメで、次のスタッフ
がすごい!と感心するでしょうか?

当然、自ら考えてできるスタッフは素晴
らしいことではあります。

が、これは明らかに経営者の責任なんで
すよね。。

同じ商品・サービスを売っていても、
売れない人がいて、一方で売れる人がいる
これは台本があるかないかの「差」です。

あなたはこう思ったことはありませんか?

「なぜ、うちの店よりも不味いのに
あそこの店は売れているんだ!」って。

「なぜ、治療技術が低いのに、うちより
人気なんだよ、ちくしょー!」と。

「うちのカット技術やパーマ技術の方が
絶対いいに決まっているじゃないか」と。

それ、全てお客さんに伝わってないから。
伝えるというのは、台本さえあれば簡単
なことです。

けれど、知らなければできません。
あ、正確には勝手にできてしまう天才も
います。

けれど、多くの人は残念ながら天才では
ありません。

だからこの台本というのが大事。
お笑い芸人はお客さんがどこで笑うかを
最初から知っています。

なぜか?

それは台本があり、どこで笑って欲しい
かを最初から決めているから。

店舗経営も全くもって同じで、
あなたのお客さんになる人があなたの宣伝

を見たときに「ここだ!」と決めてくれる
ように台本を作るのです。

もちろん、1回で完璧に作れる訳ではなく
て繰り返し修正しながら作っていきます。

あなたがもし、今後のことを考えて
台本を作るなら、、、

きっと思うように経営を進
めていくことができるでしょう。

一方で、
台本を作らず経営していくのなら、
地図を持たずに大海原にヨットを漕ぎ
出しているようなもの。

そう考えると台本って大事ですね。

あ、これはリピート対策にも勿論です
が有効なことですよ。

・この商品を買った人にはこの台本
・この症状がある人にはこの台本
・このサービスを受けた人にはこの台本

物事には全て台本が存在しています。

バクアゲ!
小西孝明

無料メルマガ登録 会員制度