こんにちは!
小西です。

 

高いから売れない!?

「高いから売れないよ〜」
って何度聞いたかわかりません。

私は繰り返し価格を上げましょう
というお話をしています。

これには理由があるんです。
その理由というのは3つありまして、、、

理由1.人は価格で決めない
理由2.大手に価格で勝てない
理由3.満足度が高くなる

まず1つずつ説明をしていきます。

■理由1.人は価格で決めない

価格が安いからで購入を決める人と
いうのは実は全人口の15%しかいな
い事がわかっています。

(アメリカでの実験の結果)

あなたは今こう思ったかもしれま
せん。

「ハイボールうちより隣の店の方が
高いって言ってお客さんが言うよ、
うちには安いから来てくれているんだ」

ハイボールだけで比べれば、隣よりも
安いからそのお客さんは来たかもしれ
ません。

が、他の商品はいかがでしょうか?

たまたま来店したそのお客さんはハイ
ボールの「価格」だけを比べてあなた
のお店を選んだのかもしれません。

 

例えば、ハイボール480円と580円の
お店を比べて同じハイボールならでそ
の他のメニューも全て同じなら明らかに
480円のお店に行くでしょう。

なら、やっぱり安い方がいいんだ!
と思うかもしれません。

それは違います。

逆を返せば、高いだけの価値が伝わっ
ていないってことなんです。

なぜなら、予約が取れない寿司屋では
同じハイボールを1杯1000円とかで売る
んですよ。。

それでも何杯も飲む。
「そりゃ、寿司屋だからだよ、、、」
そう言いたくなったかも知れません。

でも違います。
別にあなたのお店でも価値を伝えられれ
ば高価格にしても売れます。

つまり、多くのお店が高い理由を伝えて
価値を理解してもらえていないから、

お客さんは「価値」ではなくて「価格」
で比べているんです。

(比べる所が”価格”しかないからです)

もう1つ例を、、、

整体などの治療院では、、、
・60分5000円のお店A
・60分8000円のお店B

さ、あなたはどちらにいきますか?

 

こう聞かれると多くの場合は「A」と答
えるのではないでしょうか?

その理由は単純で価格以外に判断でき
る情報がないからです。

けれど、、、

・60分5000円のお店A

・「ヒアリング」を重視してお客様一人一人
にあった施術を行います。

当店の特徴は全て「手」のみで行います。

現在まで10,000人以上を施術させて頂き
その満足度は93.8%以上です。

「他のお店で改善しなかったよ」の悩みも
当院に一度ご相談ください。

60分8000円のお店B

さ、今度はいかがでしょういか?
私ならB店に間違いなく行くでしょうね。

※上記施術の内容は適当に書いています

■理由2.大手に価格で勝てない

これは今更説明をする必要もないこと
だと思いますが、、、

どうやっても価格で大手に勝つという
こと自体不可能です。

 

もし大手よりも安い価格を打ち出せば
すぐにお店は火の車になるでしょう。

それに、いつも説明していますが、安
さを売りにしていれば、「安さ」につ
られて来店する人が増えます。

そういう「安さ」に惹かれるお客さん
はあなたのお店ではなくて、「価格」
に惹かれてきています。

なら、他の方が価格が安ければそちら
に行ってしまうでしょう。

大手との競争で最後に覚えておいて欲
しい事があります。

価格では勝てません。
が、「利益率」では唯一勝てるのです。

利益率、一人当たりの利益率、
ここで大手に勝ちましょう。

■理由3.満足度が高くなる

価格をあげればどうなるか?
単純に言えば、利益が増えます。

利益が増えますよね。
単価が高いわけですから、お客さんの数
は少なくてもいいわけです。

単価を上げて、利益を多くとれば、お客
さんの数は少なくて済みます。

お客さんの数が少なくて済むと言う事は、
お客さんに時間をかけられるようになり
満足度が上がります。

 

もうおわかりですか?

そう、満足度が上がれば、当然ですが、
リピート率は上がります。

そうなると、どんどん高単価で儲かっ
ていくことになるのです。

ということで価格を上げた方がいい
理由を3つお話しました。

あなたが価格を上げないのなら、今後
はより一層きつくなるでしょう。

一方で、価格を上げ、その価値を伝え
る行動をとるのなら、、、

リピート率は上がるし、働く時間が減り
ながらお客さんには今よりも喜んでもら
えるようになります。

さ、どっち選びますか?

バクアゲ!
小西孝明

無料メルマガ登録 会員制度