おはようございます!
小西です。
昨日は、売上を瞬間風速的にドカっと
伸ばす方法についてお話しをしました。
昨日のお話しちゃんと読みました?
ま、読むだけでなくて、今すぐ実行する
ことであなたの売上はドカっと伸びていく
ことでしょう。
今日のお話しはもっとより強力的なお話し
をしていきますね。
瞬間風速的な威力こそないものの、今から
行えば来年の今頃にはお金がドカドカと舞い
込んでいるであろう施策です。
それは…
「客単価を伸ばす」こと。
つまり、単価をアップすることです。
例えば、
現在あなたのお店の客単価が8000円だとして
月に150人のお客さんが来店するお店だとすれば
月商は120万円ということになりますね。
8000円×150人=120万円(月商)
この客単価を10,000にできたなら…
10,000円×150人=150万円(月商)
この客単価を12,000にできたなら…
12,000円×150人=180万円(月商)
これ、気がつきました?
客数は変わっていません。
そう、今までと同じ働く時間数で月商が60
万円も差がついてしまうのです。
月商が60万円違うということは年間で考え
ると720万円という差になるんですね。
もし、あなたが今日から取り組めば、今ま
での売上に700万円以上を1年間で上乗せ
することができる施策という訳です。
やる価値ないですかね?
もし、この施策と取り組まない人がいるなら
商売をやめた方がいいと私は本気で思うくら
いです。
さて、数字だけの話をしても仕方ないので、
詳しいやり方をお伝えしますね。
客単価を伸ばすと言っても、いろいろな方法
があり正しい手順で行うことが必須なんです。
「客単価を伸ばす手順その1」
商品・サービスを分解する
これは今あるあなたの商品・サービスを分解
することから始めてみてください。
エステのお店なら、来店してから、退店まで
の流れを全部書き出してください。
お客さん来店
・出迎え
・ヒアリング
・足湯
・揉みほぐし
・機械を使いマッサージ
・オイルマッサージ
・フェイシャルマッサージ
・仕上げの化粧水
・仕上げのマッサージ
・お茶出し、ヒアリング
※(施術内容は適当に書いています)
会計、退店
こうやって工程を全て書き出していきそこに
価格をつけていってみてください。
今までの価格がいかに安かったかがわかるこ
とでしょう。
分解して、価格設定を行えば自身も納得して
価格設定ができますし、スタッフがいるので
あれば、スタッフにもきちんと伝えることが
できるので一石二鳥なんです。
あ、お客さんもいたので一石三鳥ですね(笑)
「客単価を伸ばす手順その2」
商品・サービスを組み合わせる
これはお客さんが商品を購入した時に、合わせ
てこちらの商品もいかがでしょうか?と進める
だけです。
案外これ、やっていないんですよ。
ハンバーガーと一緒にポテトいかがでしょう?
ってやつ。
売込と思われたくなくて…
そんな声をチラホラ聞きますが、あなたは逆に、
「ポテトは要りませんか?」と言われて売り込
みや〜って思いますか?
思いませんよね。
嫌なら断るだけの話ですから。
ここで、
ポイントはこれを買ったあなただからこちらも
いかがですか?
と理由があった方がいいです。
例)
靴を購入いただいたので、靴のもちをよくする
ためには防水スプレーもいかがですか?
例2)
足のマッサージされた方は、腰もした方が効果が
高いって結果が出ています。いかがでしょうか?
例3)
牛の食べ比べセットを頼まれた方には、こちらの
野菜盛り合わせもオススメしています。
野菜を巻くことにより最後までよりお楽しみ頂け
るようになっております。いかがでしょうか?
例4)
今日カラーをされますよね?ちょっと痛みが心配な
ので、ご一緒にトリートメントはいかがでしょうか?
例5)
当店の牛ほほ肉は赤ワインで1週間かけて煮込んで
いるこだわりの1品でございます。
ぜひ、こちらのワインリストより赤ワインとご一
緒にお召し上がり頂けますとより一層引き立ちます。
いかがでしょうか?
”さらに”
ここで、赤ワインを頼むと、牛ほほ肉が出てきた
タイミングで、
この上からトリュフをおかけすることもできます
がいかがされますか?
と聞くことができます。
どんどん客単価は跳ね上がっていきますね。
牛ほほ肉を1品頼むと、
・赤ワイン
・トリュフを売る
これ、あなたの商品、サービスに置き換えてやって
みてください。儲かります。
「客単価を伸ばす手順その3」
セット商品・サービスを作る
これは既存の商品・サービスを組み合わせたり、
ちょっと改良したもの作るってことです。
ここで大事なのは、
既存の商品+既存の商品=既存の商品+@
みたいな感じで売ってはいけません。
良く客単価を上げましょうとお話しすると多くの
人が今よりもボリュームを増やしたり、施術時間
を長くして金額を上げようとします。
でも、これは間違いです。
仮に、既存の商品+既存の商品の組み合わせであ
っても全く違うパッケージ商品にすることが必要
です。
つまり、パッケージで売るってこと。
スーパーであるじゃないですか?
そう、アレですよアレ!
奥さん、アレですって!笑
アレと言っても伝わりそうにないので、
言いますが、
・焼肉用、野菜の詰め合わせセット
・一人鍋セット
・カレー用野菜セット
全部パッケージなんですね。
本来パッケージになっていなければ、玉ねぎは
1個でいいかなってなり1個しか売れなかった所
がパッケージにすることによって買ってもらえる。
つまり、人って考えたくないんですよ。
だって考えると疲れるから。で、あれば考えずに
パッと自分が必要だと思える商品があれば買うん
ですよね。
わかります?
あなたもそうやって購入した経験があるはずなん
です。
最初は思いつかないかもしれません。
なので、お勧めは、お店に行ってみてみること。
スーパーでもいいですし、キャンプ用品店でもいい
ですし、ゴルフ用品店でもいいです。
必ず組み合わせになり、パッケージになっている
商品というものがあります。
さ、今日はちょっと長くなりましたが、この
客単価を伸ばす策というのは超強力な施策です。
年間でン百万円も変わってくるのですから。
あなたならできる!
応援していますよ^^
バクアゲ!
小西孝明
無料メルマガ登録 会員制度