おはようございます!
小西です。

昨日はメインの銀行の方々とこれからの
計画を綿密に打ち合わせをしてきました。

計画というのは作って終わりというのが
多いのです。

私が計画において重要視していることは
必ず実行可能であるということ。

なお実行する時に行動単位でスケジュールが
無理なく組み込まれていること。

多くの場合が、
計画1
計画2
計画3
計画4

とだけ書き出して、これを6ヶ月間で
やります。と言います。

これでは分解出来ていないので
例えば、「計画1」に合計でどれくらいの
時間がかかるかわかりません。

わからないということはスケジューリング
が出来ないので計画を組めません。

つまり、これが計画を作っても計画が
実行されずに終わってしまう所以です。

そしてもう1つ重要なことは計画とは、
その場しのぎではいけないということ。

売上が下がると多くの場合より新規客を
集めて売上を伸ばそうとします。
しかもその上に割引販売をしてしまいます。

そうするのは、その場はいいかもしれません。
確かに手元に現金が入ります。

しかし、仕入れや人件費はかかります。
割り引くことにより、利益は減ります。

もっと言えば何も問題は改善していないのです。
むしろ悪化していると言っていいでしょう。

これって例えるなら、縫わないといけない
傷口を痛みどめを塗り、絆創膏で覆って活動を
しているようなものです。

目先をなんとかしなきゃということに追われ
根本を変えずに突き進むということは非常に
愚かなことなんですね。

でもいつもいつも応急処置を続けている人は
その痛みが慢性的になり、痛みを感じなくなるのです。

で、その中で起こる急な手元資金の枯渇で慢性的な
痛みは急性的な痛みに変わり、その痛みを和らげるために
また応急処置を施すのです。

でも慢性的な痛みを改善していないわけですから
事態はより悪化していくのです。

あなたもこんな経験ないですか?

人のことだと思えばわかりやすいですが、
こと自分のことになると、全く見えなくなって
しまいますよね。

そろそろ応急処置やめませんか?

詳細はこちら

岡山売上アップ実践会@高単価でも買ってもらえる商品・サービスの魅せ方

(3月8日まで)

あなたならできる!
応援しています^^

小西孝明

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追伸

これから歯科検診に行ってきます!
慢性的になる前にチェックを。

虫歯になってからではより痛いですから。

歯も、商売も一緒ですね。
先に予防をしておけば安心です。。

岡山売上アップ実践会@高単価でも買ってもらえる商品・サービスの魅せ方

無料メルマガ登録 会員制度