こんにちは!
小西です。

昨日スタッフと一緒に休みのお店で
歓送迎会をしてきました。

普段ホールスタッフで、炭を使って焼いたり
したことがないスタッフも一緒に焼いたりと
楽しめているようでよかったです。

売上を伸ばし利益を確保する順番とは

さて、
昨日売上を伸ばすのには順番があると
いいました。

その順番が、
1、単価アップ
2、再来店を促す
3、新規集客をする

ということです。

そこで今日は「単価」を上げる取り組みとして
どんなものがあるか考えてみましょう!

あなたはどんな事が思い浮かびますか?
また、知っているだけでなく、実行して
みましたか?

 

単価をアップの方法は色々ある

 

店舗経営において単価アップの方法は、
・単純にメニュー単価をあげる
・POPを作成する(購入点数を増やす)
・お土産を用意する
・ネット販売をする
・会員制を取り入れる (継続的収益にかえる)
・超高額商品を作る (粗利額を増やす)

このような方法が主にあります。

中でも、一番手っ取り早いのが、
「単純な単価のアップ」です。

これは利益が急拡大します。
経費は増えず売上だけ増えるわけですから
相当おすすめです。

が、やり方を間違えると、
客離れをを起こす可能性があります。
というか、一定数は離れていきます。

そこを最初から計算した上で、
「値上げをして、客をきる」のです。
一定数切る覚悟があれば、実際簡単に
できます。

 

リスクなし、最強の価格のアップの仕方

 

次に何のリスクもなくできるのが
「POPを作成する」です。

これは、とにかく店内のいたるところに
POPを貼り商品を紹介して、追加の購入を
促すのです。

これも経費は、紙とペン「だけ」です。
あとはバイトの子の時給だけ。

例えば、
飲食店で客単価が3000円のレストランが
POPにより一人単価500円伸ばしたとします。

この店、月に500人が来店するとしてて、
今までの売上が、150万円。。

そこに、500円×500人=25万円
「25万円ですよ」

これ年間だと、
25万円×12ヶ月=300万円

リスクなく300万円を毎年、今の売上に
上乗せできるのです。

逆をかえせば、これやっていないのであれば、
毎年入るはずだった300万円を放棄しています。
(すごくもったいない。。)

 

どんな店舗でも通用する

 

美容室なら、
・眉毛カット
・シャンプーやらクリームの物販
・高額ヘアトリートメント

整体院なら、
・回数券
・違うマッッサージ部位の提案

小売店なら、お土産用にという名目で
通常の10倍の量にして、ちょっと価格を
サービスして、一気に買ってもらう。

このようにPOPの効果は絶大です。

 

なぜ、やらないの?

 

やらない理由あります?
よく言われるのは、

・売込みみたいで嫌だ
・店内の雰囲気がこわれる
・ポップの作成ができない

このような悩みが多くでてくるようです。
これに対しては、勉強会や個別サポートで
私が解決させて頂いています。

 

まずは、やってみる。(数稽古!数稽古!!)

 

でも、
まずはPOPを作ってやってみて、
1つでも売れたら嬉しいはずです。
そうやって少しずつ改善していくのです。

その他にも色々な方法がありますが、
どれも、この単価アップの対策というのは
リスクなく取り組めるものが多いです。

だから、収益を拡大したいときに
行う1番目は、

再来店対策や、
新規集客ではなく、
「単価のアップ」になるのです。

単価をあげてまず利益を確保する。
そこから次の取り組みに移るのです。

さ、明日は「再来店対策」についてです。

あなたならできる!
応援しています^^

バクアゲ!
小西孝明

追伸

単価アップは、知らないと「損失」です。
今すぐどうぞ。

→ https://riekibaizo.com/soku-tank-up

無料メルマガ登録 会員制度