おはようございます!
小西です。

突然ですが、、、
今あなたの悩みはなんですか?

売上が上がらない?
売上はあるけど利益が少ない?
利益も満足しているけど、時間が長い?
それとも、クレーム客が多い?

この悩みって、、、
「単価アップ」で解消できます。

個人、中小企業の多くは、単価を上げること
でこのような悩みから解決できるケースが非常に
多いのです。

とはいえ、多くの方が悩むのは、単価を上げると
お客さんが離れていってしまうのではないか?

また、単価を上げる言い訳として、どのように
言えばいいのかわからない、、、ということが
あるんですね。

つい最近もちょっと事例をお聞きしましたが、
上手いことオーナーがリピートの仕組みを作ら
れていて、リピート率もいいとのこと。

ただ、問題点は「単価が低いこと」だったの
ですね、、、

だからそのスタッフの方も心配をしているようで。
ただ、こういった多くの場合、お客さんは単価を
上げたところで何も言わなかったりします。

もし、言わずに切れたら、、、
そう不安に思う気持ちもわかります。

で、あれば、細かく計算をしてみること。

例えば今、一月に100人が来店して、客単価が
7500円だとします。

この価格を純粋に倍にしたとします。
で、ここからですが、同じ売上を得るためには
50人来店してくれればオッケーなんです。

いいですか?
現在の半分にまで客数が減っても問題はない。
しかも、売上が同じで客数は半分ですから経費は
自ずとさがります。

と、いうことは、、、
「利益が増える」わけなんですね。

もっと言えば、業種にもよりますが今まで
来店してくれていたリピート客の場合、
半分もは減ったりしません。

だとすればもっと売上、利益ともに増えることは
容易に想像がつくことでしょう。。

ちなみに、多くの経営者が単価をあげれない理由
ってご存知ですか?

先ほどは「不安」だからと言いましたが不安の中には
色々な不安があります。

・正しい値上げの仕方をしらない
・お客に嫌われるかもしれない
・自分の商品・サービスに価値が
 あるかわかっていない
・計算ができていない

ということがああるんですね。

人は先が見えないと不安になります。
不安になると行動ができません。

行動しないと成果は上がりませんから、口では
「変えたい」と言っていても何ら変わることは
ありません。

ぜひ、一度単価アップについて真剣に考えてみて
くださいね。

令和の時代に間違いなく生き残っていくのは
正しい「単価アップ」をしたお店ですから、、、

バクアゲ!
小西孝明

無料メルマガ登録 会員制度