おはようございます!
小西です。

あなたは売上が上がらない理由って
なんだかわかりますか?

ええ〜って思うかもしれませんが、
「売るためのアクションをとっていない」
ということが最大の理由になります。

売るためのアクションをとっていないから
売上が上がらないという非常にシンプルな
答えです。

それでもまだ反論する人がいます。
朝から晩までお客さんの相手をしてるよ!
と、いう風に。

でもね、それをやって今の売上ということは
何かが違うから今の売上ということです。

その何が「違う」のかは人によるので
わかりませんが…

例えば、
・客単価が低い
・回転率が悪い
・お金にならないのに時間だけロスする

という感じでしょうか。

マぁ、結局売上(お金)になるための行動
が少ないと言わざるおえません。

逆に売上に直結する行動をとれているので
あれば一気に売上は上がっていくのです。

上記3つの反対をするということになり
ますが…

・単価を上げる
・回転率を上げる
・金にならない客を切る

という行動をする「だけ」
意外と簡単なものです。気がつけば。

でも、受ける相談を聞くと、
「昔からの知り合いで…」とか
いう人もいますね。

知り合い?
ただの知り合いとかいらなくないですか?

もし、知り合いだから安くするとか、
知り合いだけらお金にならないけど大事とか
そういった感情があるなら、それが売上を
上げる行動を阻害しています。

知り合いを大事にするな。ということでは
ありませんよ。決して。

でもね、逆に知り合い、もしくは友人なら
あなたの商売の価値を一番に理解してもら
わないといけない存在だということ。

それができていないということは…

話がそれそうなので、、戻すと、
あなたが売上を伸ばそうと思うと売上に
直結する行動のみをとる必要があります。

極端に言えばお金にならない人は1秒も話す価値
がないと自分に言い聞かせること。

こういうと冷酷とか、寂しい人ね。と言われます。
でも、本当にそうですか?

商売やってて、あっちやこっちにイイ顔して
お金にもならないのに…

それって仕事を放棄しているのと同じこと。
本当に認めてくれて価値を感じてくれる人に
時間をもっと使った方がお互いに幸せです。

と、いうことで、あなたが今売上を上げたいと
思うなら売上を上げる行動をどれくらいしているか
考える必要があります。

今までと行動が同じなら、売上を上げようと
いうのは無理な話です。

単純な話ですが、「何」かを得るためには
「何」かを捨てなくてはいけません。

それが、
「遊ぶ時間」なのか「家族との時間」
なのか、それとも「旅行の時間」なのか…

実際にはこれの後に「一時的」にと入りますが。
一時的にやればいいのですよ。一時的にいけにえ
にして新たな未来を手に入れることができる。

あなたならできる!
応援しています^^

*追伸*

今日は岡山で勉強会を開催。

福山メンバーも参戦してくれるので
今日も盛り上がります!

楽しみ!

無料メルマガ登録 会員制度