おはようございます!

清々しい朝を岡山で迎えました。

昨日は配信ボタンの押し忘れ事件で
空白の一日が生じてしまいました。笑

でもそんなの関係ね〜って
ことで今日も張り切ってお届けします!!

多くの店舗経営の方が、

・商品・サービスはこだわっている
・お客さんの数は徐々に減っている
・長時間労働で休みをほとんど取れない
・安くしないと売れない
・割引販売をしても文句を言われる
・月末に支払いを終えるとお金が足りない
・自分の給料がない

こういった状況になっていることが多いです。

上記の方の特徴が、、、
次の3つのお話を信じて疑わない訳です。

その間違いが↓

1、商品力があれば売れる
2、1円でも安くお客さんに提供すれば繁盛する
3、お客様は神様。顧客満足度を高めれば繁盛する

と言うことなんですね。

この間違いをずっとやっていると店舗の
利益は全く残らず、むしろどんどん悪化して
いくことでしょう。

お店が賑わっているようにハタから見えても
実は火の車。

月末になると支払いに追われ、
大変な思いをしている方が多いです。

逆に利益を得られる経営とはいったい
どうしたらよいでしょうか?

その原因になってしまう理由を
今日はしっかりとお伝えします。

間違い(1)、商品力があれば売れる

商品力を強くすればするほど原価が上がり
結果として、利益を圧迫するんです。

当たり前だと思っていると思いますが、
多くの方がこうした罠にハマってしまうのが現状です。

原価をかければかけるほどコンセプトとは
異なるお客さんが来店したりします。

フレンチのお店を例にします。

ソースは〇〇産の牛骨を煮込み
肉はコトコト16時間かけて作ります。

こういったようにこだわりを
どんどん出していくと、、、

来店するお客さんの中に評論家が増えて
いくんですね。

食べログの投稿を見て一喜一憂する日々。
そりゃ評論家ですから1回きたらそんなに
来店しないんですね。

なぜかって?
評論家は評論するのが好きだからです。

お店にこだわりを持ちすぎると
評論家が集まり、逆にお店に収益を
もたらしてくれる本来獲得すべきお客さんが
離れていってしまうのです。

利益をしっかりとり、その中で商品力を
磨くべきなのです。

そうでないと結局価格を下げ、余計に
利益を減らすことになります。

間違い(2)、1円でも安くお客さんに提供すれば繁盛する

割引販売により集まってくるお客さんを知って
いますか?

割引により集まっているのです。
従って割引がないと来店しませんので、利益率が
悪化しますし、割引客ほど文句が多いのも特徴です。

割引により新規客を獲得できたと思っていても
本当は違い、逆にお店の評判まで落ちて行くのが
実情なんです。

間違い(3)お客様は神様。顧客満足度を高めれば繁盛する

普通のことを普通にする。
その積み重ねで、
自然とお客さんの数が増えていき、
お店は繁盛へ向かっていきます。

でも、
「お客様は神様だからなんでも言うことを聞かないと」
と思っていると、

高くない?という言葉に反応し安売りし
利益が少なくなり、

味濃いね、、、
の言葉に反応し味を変え常連客が離れ、、、

そうやってぶれていき、気がつくと
奴隷のようになっているのです。

私がいつも言っているのは100人いて
99人の肯定よりも1の否定の方が人は
よく覚えているんですね。

でもその1人のために反応してはいけない
のです。

あなたを応援してくれている人は
いるはずです。

その反対で適正利益での販売をしている方は
利益も取れますし、

良いお客さんに囲まれて、楽しく、商売する
ことができているんです。

明日は店舗利益がしっかりと残るように
する方法をお伝えします。

しっかりとこの方法を学び、実行すれば
あなたも今までの苦労は何だったの?と
思うようになります。

あなたならできます^^
応援しています!

無料メルマガ登録 会員制度