小西孝明です。
今日はご報告があります。
私の個人的なことなんですが、、、
このお便りの最後でご報告します。
最後までお付き合いくださいね!
さて、
今日はドカっと瞬間風速的に売上を
伸ばす方法をお伝えしますね。
あなたは、ドカッと売上を伸ばすと
聞いてどんな施策を思いつきますか?
店前の看板になにか細工をして一気
に来店数を伸ばすことでしょうか?
まぁ、店前看板をいじってみるのも
多少効果はあるでしょう。
ケド、瞬間風速的に上がるほど強力
というわけには行きません。
ではどうやって瞬間風速的に売上を
伸ばすのかですが、
一言でいえば
「既存のお客さんへ連絡をする」
ってことなんです。
方法はどんな方法でも構いません。
・FBメッセージ
・LINE
・メール
・電話
・はがき
ここでポイントをお話します。
ポイント1.どんなメリットがあるか伝える
ポイント2.連絡した意図を伝える
ポイント3.してほしい行動を伝える
という3つが必要なんです。
では、理由を説明していきますね。
ポイント1.どんなメリットがあるか伝える
これは端的にずばっとお客さんに
お客さんにとってどんなメリットが
あるのか伝えましょう。
例えば、治療院なら、施術を受ける
ことで小顔になり、その結果として
「痩せたね〜」って周囲から言われる
ようになりますよ、、とか。
飲食店なら、健康になれるとか、盛り上
がれるとか、一緒に来店したお友達を驚
かせられる、、とか。
それぞれでしょうが、お客さんがまずは
何をメリットだと感じているのかを考え
るといいでしょう。
で、そのメリットを伝える。
ポイント2.連絡した意図を伝える
これは、シンプルに連絡した理由です。
なぜ、お客さんに連絡をしたのか?
を伝えることが大事です。
●●さんは●魚が好きだって言っていた
ので、、
●●の施術にご興味があるって以前聞い
ていたので、、
ポイント3.してほしい行動を伝える
お客さんに次にしてほしい行動を伝え
てその行動をしてもらいましょう。
これ、連絡はしても多くのお店が最後
の「どう行動して欲しいか?」が抜けて
しまっているんです。
これではせっかく連絡をしても次の行動
に結びつきません。
このして欲しい行動のことを
「注意喚起」といい専門用語で、
コールトゥアクション(CTA)といいます。
これについては以前動画でもお話をして
いるのでそちらをみてください。
はい、ということで、早速あなたの
既存のお客さんへ連絡をしてみてください。
これにより瞬間風速的に売上はドカっと
伸びることができるでしょう。
あなたならできる!
応援しています^^
バクアゲ!
小西孝明
無料メルマガ登録 会員制度