こんにちは!
小西です。
「売ることって申し訳ないじゃないですか」
そう、何度聞いたことでしょうか…
これは私がコンサルティングに入る度に聞く
と言っても過言ではない言葉。
では、逆に聞きたいのですが、
「あなたはそんな申し訳ないものを売って
商売をしているんですか?」
もし本当に申し訳ないものを売っていると心から
思うのであれば、今すぐ商売をやめるべきです。
だって、社会のためになりませんから。
でも、もし、人の役に立てるって思えるなら、
誰のために、どうやって役にたてるのかを考えた
方がいいです。
で、考えたことをしっかりとお客さんに伝える。
これが商売の基本の「キ」です。
だって、人のために役に立つために商売をして
いるんですよね?なら、それを伝えないと誰も
あなたの魅力をわかってくれませんよね?
多くの経営者は勘違いをしています。
良い商品・サービスを作れば「売れる」と。
でも、それは大きな間違いです。
その良いとされる商品・サービスの魅力が伝
わって初めて売れるんです。
ということは当たり前ですが、「伝える」という
行動をする必要があります。
冒頭の「申し訳ない」なんてことは言ってはいけ
ないんですね。
というのか、あなたが売らなければお客さんは
他の人から購入するだけのこと。
もちろんその方がそのお客さんが幸せになれるって
思うのあれば構いません。ですが、商売をやっていて
自分より他の方がいいですよってなりませんよね?
そこなんですよ。そこ。
だから、あなたの魅力を伝える必要があるんです。
あなたの商品・サービスを使うことによってどんな
未来がありますか?
多くの経営者がやってしまうのは、スペックをただ
説明をしてしまいます。
・商品名
・品質
・重量
・産地
・金額
・時間数
これは、お客さんが知りたいことではありません。
お客さんが知りたいのは、自分の抱えている「悩み」
がどう「解決」するのかってこと。
そこをあなたは伝えるのです。
「売れない」って思っている人の特徴は「売る」と
思っているからに他なりません。
結果として商品・サービスを売ることに変わりはあり
ませんが、売るというより、「悩みを解決する」って
思えばいいんです。
お客さんの悩みを解決するからこそ、そのお金(売上)
になって返ってくるんですね。
ぜひ、これからあなたには、困っている人をどんどん
と助けていって欲しいものです。
そうすることで結果的にあなたの通帳の残高は一気
に増していくことでしょう。
バクアゲ!
小西孝明
*追伸*
年始に収録した動画見てみてください!
2020年のスケジュールの立て方について
お話をしています。
14分51秒 ちょっと長いです。。笑
無料メルマガ登録 会員制度