おはようございます!
小西です。

今日は2020年のバレンタインデー
なんですね。

私は、甘いものが嫌いってイメージがある
のでチョコはもらえないかもしれません
(笑)

が、いつでも絶賛受付中ですから!

バレンタインデーと言うと各店舗でも何か
イベントをやるのではないでしょうか?

あなたのお店では何か取り組みをしている
事はありますか?

イベントを用意している所もそうでない
所もあることだと思います。

イベントがうまくいく所とうまくいかな
い所があることでしょう。

この両者の違いはどこにあるでしょうか?

一言でいえば、準備ができているかどうか
の「差」なんですね。

多くの経営者がイベントをギリギリになって
から考え、実行します。

そりゃ、全くやらないよりはいいでしょうが
準備不足であればあまりイベントとしての威
力が弱くなってしまいます。

では、イベントってどのくらい前から計画を
立てればいいのかってことですが、おおよそ
遅くても2ヶ月前以上というのが目安です。

2ヶ月前までに、
・開催内容
・イベントで得られること
・告知日
・その後のリピート対策

このように考えておくことが大事になります。

飲食店の場合は当日のコース料理とドリンク
のコースなどが主要になるでしょうが、

美容室や、エステなどでは当日のデート前に
駆け込む人が増えることが予想されます。

というか、そこでバレンタインデー専用のお
知らせをするのです。

普段やっていないセットメニューの販売やメ
ンテナンスのための商品の販売をやったりす
るのですね。

これは、店内の告知ももちろんですが、お店
にやってきていない人へも前もって告知をする
必要があるのです。

というのも、バレンタインデーがあるからって
美容室やエステにいこう!って思っている人ば
かりではないので、、、

だからこそ、今このタイミングで来るといいで
すよ〜ってお知らせをするってこと。

もしかして、うちは、整体院だしとか、和菓子
屋だから、バレンタインデーは関係ないよって
思っていませんか?

そんなことは一切関係ありません。
実際に私のサポートしている整体院さんのお店
では回数券のチケットが毎年60セット近くも
売れているのです。

3万円で販売しているので、この回数券だけの
売上で180万円が入ってくる計算になりますね。

これ、やらなければ、180万円はないので、
回数券から当然0円の売上だったのです。

そう、この今でこそ180万円売上をあげている
お店も以前は回数券の販売を行なっていません
でした。

ただ、毎回お客さんがきて、次回予約になるの
かならないのか?この2択だったのです。

今では、時期によってはお得に買えるのでお客
さんの方から欲しいって言ってもらっている様
で大人気になりました。

もちろん購入者の中にはプレゼントとして渡す人
も多い様で、、、

これは「プレゼント」というキャッチコピーで告
知をしているからに他なりません。

つまり、女性のお客さんに向けて、ご主人にこの
チケットをプレゼントしませんか?ってしっかり
とアピールをしているのです。

そうやって1ヶ月くらい前から告知をしていて、
来店する度に目にするわけで、、、

しかも、毎年、昨年の取り組みを踏まえて改善を
加えていっているのです。

なので、売上は当然、増えていっています。

あなたが、どの業界にいたとしても、イベントに
絡めてプロモーションすることは簡単にできるこ
となんです。

ただ多くの経営者はプロモーションをしていない
かしていても準備ができていないから、しっかり
魅力が伝わらず、売れない、、、

売れないから余計に身が入らず、投げやりな感じ
になっている所が多くなってしまうのです。

でも、これって一体なんででしょうか?
それは、、、

何度もお話しをしていますが、長時間を確保して
そのことに集中して考えていないから。

例えば、プロモーションに関しては、毎年大体の
年間イベントというのは決まっています。

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

こうやって月を書き出して、そこにどんな事が
できるかを考えるのです。

世間、主にあなたのターゲットのお客さんの行動
も書き出してください。

GWには何をしているでしょうか?
家族と県外や、海外に旅行に行っていますか?

ならその前に来店してもらえないか?とか、
連休中に暇になりそうなら、そこから遡って4月

中にピンポイントのクーポンを配るとか、、、
できることって沢山あります。

取り組みをするお店、取り組みをしないお店、、、
そうやって年々差が開いていくのです。

片や年間スケジュールを事前に組みお客さんに
なにを提供すれば売れるかってわかっているのと

準備もできていないのにイベントだけはやって
みるお店、、、そりゃ違いますよね。

あなたのお店はどっちでしょうか?

「今年こそはやろう!」そう思っていても中々取り
組みができない人も多いです。

それはまさに慣れていないことをするわけですから
当然といえば当然ですね。

そういう人は一度、しっかりと時間を確保して年間
の計画を立てることをお勧めします。

やる事が明確になるだけではなくて、今まで取りこ
ぼしていた売上にも気が付くことになるでしょう。

単に売上を取りこぼしているっていうとお金の問題
だけのように思うかもしれませんが、そうではなく

てお客さんをプロとして救っていないってことでも
あるんですよ。

あなたの持っている技術をもっと年間通してお客さ
んへお知らせしてあげて欲しいのです。

バクアゲ!
小西孝明

無料メルマガ登録 会員制度