小西孝明です。

もうすぐ桜が咲くそうで

段々と暖かくなってきましたね!

私は花見をしますが、ほぼ桜を見ず

ワインを飲んでいます(笑)

あなたは花見とお酒どっち派ですか?

 

さて、本題です。今日は、

『取り組む順番が大事』

というテーマでお届けします!

あなたは、「売上の方程式」というのを

聞いたことがあるでしょうか?

売上の方程式とは、

アメリカの有名なコンサルタントである

ジェイ・エイブラハムが考えたもの。

売上を「客数」「客単価」「来店頻度」

3つに分解することで

アイデアが出やすくなるというものです。

きっとあなたも、

「どうすれば売上が増えるか?」を考えるより

「どうすれば客数が増えるか?」を考えるほうが

いろんなアイデアが出てきますよね?

何を取り組むかよりも順番が大事

ここで大事なのが

「3つの要素のうちどれから取り組むか?」

ということです。

もちろん、店舗経営においては

「客数」も「客単価」も「来店頻度」

すべてが重要であることは間違いありません。

ですが、座席数も限られている、

使えるリソースも限られている私たちが

全部を同時に頑張るのは無理ですよね?

いろんなことを同時にやろうとすると

頭が混乱したり忙しくなって

1つも達成できないことになります。

まずは優先順位をつける

だからこそ、優先順位をつけて

取り組むことが重要なのです。

では、何からやればいいか?

それが、単価アップです。

なぜなら、単価アップが

利益に直結するから。

単価アップというのは

基本的には既存客へのアプローチです。

コストをかけずに利益を増やす

そのため、広告費もかかりませんし

ほとんどコストもかかりません。

それなのに、増えた分の売上

ほとんどが利益になりますから

手間のわりに効果が高い方法なのです。

そして、1人のお客さんから

得られる利益を大きくしたうえで

来店頻度、リピート対策をやりましょう。

どーせ来店頻度を高めるなら

1回あたりの利益を高めてから

のほうががいいですよね?

だからこそ、単価アップ⇒来店頻度

という順番が大切なのです。

だから、新規集客が最後なのです

そして、単価アップ、来店頻度の

対策がある程度できた段階で

新規集客に取り組んでください。

そうすることで、1人当たりの

利益を最大化した状態で

お客さんを獲得することができます。

つまり、この順番こそが

最短で最大の利益を得るために

重要なポイントなのです。

 

ただ、

・やるべき順番はわかったけど

具体的に何をすればいいの?

 

・とはいえ、まずはやっぱり

目の前のお金のことが…

 

という思いもあるかもしれません。

学びましょう!

そこで今回、

「客単価」「来店頻度」「新規集客」の

それぞれの具体的な施策を解説した

講座をお届けすることにしました。

 

こちらは動画講座の形式ですので

いつでも、どこでも好きなタイミングで

学ぶことができます。

さらに、今回の動画講座の中には

「すぐにキャッシュを増やす方法」

についてもお話ししています。

そのため、

まずは目の前のキャッシュを手に入れてから

理想的な順番で進めることが可能です。

明日、お見逃しなく!

この動画講座の募集は明日から

開始する予定なのですが…

 

今回は特別価格でのお届けとなるため

先着10名限定での提供とさせていただきます。

そのため、少しでも興味があれば

明日のメールを見逃さないように

してくださいね。

今日も頑張っているあなたのこと

が大好きです。

 

あなたならできる!

応援しています^^

 

バクアゲ!

小西孝明

無料メルマガ登録 会員制度