こんにちは!
小西です。

本日は山梨県を巡るツアーをして
いる真っ最中です。

富士山は山梨にもあるんです(笑)
あ、私は今日知りました。

あなたは知っていましたか?

さて、今日は新規客の集め方につ
いて効果的な方法をお伝えします。

前提として、割引はよくないってこと
を普段から言っています。

それは覚えていますか?

その前提でお話しをしていきますが、
今日の方法は「クーポンを使う」です。

クーポンといくと割引ってイメージが
ありますが、確かに結論からいえば
割引でもあります。

が、無計画の割引とは全然違うので今日
は「そこ」をお話しします。

ではクーポンで大事なこと3つです。

①主力商品を割引しない
②クーポン内容をわかりやすく
③クーポンの商品の価値を高める

では順番に説明をします。

①主力商品を割引しない

クーポンは基本的にサブ商品を。

さすがに主力商品をクーポンにして
しまうとお客さんは後に定価で購入
をしてくれません。

なので、ここ意識してください。

②クーポン内容をわかりやすく

パッと見てお得!ってわかるように。
これは条件なども含めてです。

何名まで使えるとか、何がもらえる
とか複雑だとお客さんは離脱してしま
うのです。

③クーポンの商品の価値を高める

これが最も重要なことです。
それは、、、

よくあるのは、
「粗品プレゼント」みたいなの。

「粗品」って言われて欲しいですか?
欲しくないですよね、、、

まぁ、タダなら、、、いいか、、、
程度ですよね。

だから、無料でプレゼントをするに
してもきちんと価値を高めるのです。

例えばクッキーをプレゼントすると
するなら、、、

「クッキープレゼント」と書くより
も、、、

3種類の小麦粉をブレンドして1日
ねかせて、そのあと2時間かけてじっくり
と焼き上げた当店大人気のクッキー

これなら、どうですか?

こんな良いものくれるの?
ってなりませんか。

これは美容室でも一緒です。

「シャンプープレゼント」
だけではどんな効果があるかわかり
ません。

お客さんにとって、●●の効果がある
こちらの●●シャンプーを今だけ特別
にプレゼント。

このように変える事でお客さんの反応
は格段によくなるでしょう。

で、もっといえば、そうやって、お得
を感じてもらえば、別の売上にも繋が
りやすくなります。

ということで、今日はクーポンについて
お届けしました。

ぜひ、クーポンをただの安売りではなく
お客さんとの関係構築のためのツールと
して活用してみてください。

あなたならできる!
応援しています^^

バクアゲ!
小西孝明

無料メルマガ登録 会員制度