小西孝明です。

昨日まではリピートについての
お話しをしてきました。

きっと予想ではあまり面白くない
内容だったのではないでしょうか?

多くの経営者にとって面白い内容と
いうのは新規客を集める方法につい
てだと思っていて、、、

さ、あなたはいかがでしょうか?

そこで今日は新規客を集めるために
具体的な方法をお話しする前になぜ
うまくいかないのか?

むしろどうすれば、上手くいくのか
という前提を2つお話しますね。

①試してみる(テスト)
②広告費を回収できる仕組みがある

この2つが大事なんです。
というか、これができなければ商売
が成り立たないといっても過言ではあ
りません。

①試してみる(テスト)

とにかくやってみないことには、どのよ
うに改善すればいいのかとか、どうお客
さんが反応するかはわかりません

そこで試してみることが大事です。

チラシをまくなら1ヶ月の間に20,000枚
を何度かにわけて試してみるのです。

そこから、どのくらいお客さんが来たか
で改善を進めていくのです。

・興味を引くキャッチコピーか
・どんなものを提供するお店なのか
(ベネフィットと価格)
・地図はわかりやすいか
・今すぐどうすれば良いか
(電話で予約?それともネット?)

こうやって反応を見ながら改善していきます。

これはネット広告でも全く同じこと。
試して、改善、また試す。

こうやって反応を取れるようにするの
ですね。

②広告費を回収できる仕組みがある

多くの経営者が広告費をかけられない
理由の1つに回収できるかどうかわから
ないってことがあります。

確かに、広告費をかけたのにどうやって
回収できるかもわからなければ不安にも
なりますよね。

しかし逆を返せば、広告費を回収する目処
がたっているとすれば、、、?

ざっくりとご説明すると、

1人を獲得するのに1,000円で集めること
ができたとしましょう。

その1人からの平均粗利額は3,000円だと
しますね。

すると、
1,000円入れると3,000円になります。
10,000円入れると30,000円になります。
100,000円入れると300,000円になります。
1,000,000円入れると3,000,000円になります。





つまり、この仕組みがあると新規客を獲得
するのにかかる費用を初回の売上で回収でき
るようになります。

むしろ、どんどん広告費をかけたくなって
いくことでしょう。

あなたは新規のお客さんが来店したら何を
売っていくって決めているでしょうか?

小規模店舗や中小企業の場合、広告費の
回収は1ヶ月〜2ヶ月以内にしたい所でし
ょう。

それ以上長くなると広告費の先出しになる
のでキャッシュが回らなくなってしまう可
能性が高いから。

なので今日あなたに考えて欲しい事は、

・どんな媒体で試してみる?
・2ヶ月以内に回収できる商品は?

この2つです。

これでうまくやれれば、新規客を集める
ことが楽になることでしょう。

ぜひ、ちょっと考えてみてくださいね!

あなたならできる!
応援しています^^

バクアゲ!
小西孝明

無料メルマガ登録 会員制度