小西孝明です。
昨日のお話しでは経営合宿に
ついてのお話しをしました。
で、今日はなぜ、毎年10月に次の
1年間の計画を立てているのかと
いう理由をお伝えできればと思います。
なぜ、この時期かというと、来年の1月
からトップスピードで走り始めるためです。
トップスピードで走り始めるためには、
10月に予定を全て決めて11月12月と
助走期間を経ている必要があるわけで。
飛行機の離陸を想像して頂ければ、わかり
良いかと思います。
なので毎年9月末から10月の前半に決めて
いるということなんですね。
さて、この合宿で何をするのかというと、
「来年1年間の全ての計画をつくること」
これが全てです。
とはいえ、何をするのかわかりにいかもしれ
ないので細かくいうと、
・自分の仕事の理念の作成と見直し
・3年後のなりたい未来の洗い出し
・3年後から逆算して、1年後の設計
・欲しい利益から逆算して売上を決める
・欲しい売上に必要なタスクを書き出す
・そのタスクをスケジュールに落とし込む
 (当然、外注に出す場合も全て)
・仕事以外でしているタスクの書き出し
・必要のないタスクの削除
・外注してもっと時間が作れないか考える
という感じです。
日頃はなかなか時間を取れずじっくりと
考えることができないこと。を考える
ことに意味があります。
が、多くの人は必要だと思いながら、
一番、後回しになってしまうもの。
それには理由があり、7つの習慣で言えば
一番重要だけど、一番緊急性は低い第二
領域にある仕事だから。
つまり、目先の売上を伸ばすという観点
では全く持って役に立ちません。
しかし、1年、2年、3年というスパンで
見た時に、売上の数字は桁違いなほど変
わってくるというのがこの合宿の趣旨です。
私もこの経営計画合宿で計画を作り始
めてもう、5年目になりますが、毎回
やってよかったと思うのです。
最初は何を考えていいかも
わからずただホテルでぼーっとしていました。
で、気がついたら寝ていたのです。(笑)
でも、そこで、気がついたことがあり
ました。それは、、、
一人で時間をとって考えるということ
すらしていなかった事実。
この合宿は経営の計画を立てましょう
というのが趣旨ですが、それは同時に日頃
のやっていることを見直すことでもある
のです。
日頃やっていることというと、
・運動の習慣
・食事の習慣
・子供のサポート時間とお金
・配偶者との関係性
・親、兄弟との関係性
・保険の見直し
・株、投資信託などの金融商品見直し
・住宅の金利見直し
etc…
別に商売が全てではありませんし、商売
というのはお金を稼ぐ一つの手段に過ぎ
ません。
最も、お金を稼ぐのには目的があり、
配偶者と一緒に価格を気にせず食事を
楽しむというのも1つですし、子供のため
に学費を用意してあげるのもそうです。
よく仕事とプライベートは別!ってわけて
考える人がいますがそれは違います。
結局人は、お金を稼ぐことではなくて、
その後に「本当の目的」があります。
その目的も一緒に考えるとワクワクします
し計画を作ること自体も楽しくなるんです
よね。
今日伝えたかったことをまとめると、
3つになりますが、、、
①毎年10月に計画を立て翌年1月からトップ
 スピードで走る
②一番後回しになる計画ですが、実は
 一番重要度が高い
③経営計画というけれど、経営のことだけ
 ではなく日々のことも同時に考える
ここであなたに質問があります。
あなたは商売で稼ぎどんなことにお金を
使いたいでしょうか?
バクアゲ!
小西孝明
*追伸*
明日は経営計画合宿で一気に成果を
出しているクライアントのお話しを
しようと思います。
そんな変わる?
っていう成果なんでびっくりするかも
しれません、、よ(笑)
*追伸2*
私は私の元にやってくるクライアント
が最初は疑いながらも、行動していき
成果を上げてくれるのを見るのが嬉し
いんですよね。
だって、
年収800万円とか1000万円の人が、
年収2000万円を超えるのですから
「やりたいこと」ができるようになります。
『あ、「やりたいこと」ではなくて
「本当にやりたいこと」でした。』
無料メルマガ登録 会員制度