こんにちは!
小西です。

昨日は私の主催の会がありまして経営者
ばかりで交流をしてきました。
事業が違うから、その業界、業界での悩みや
起こる問題点も違うので楽しいですね。

あまり意識をしていなかったり、お酒を飲ん
でいて覚えてなかったりすることが多いとは
思いますが、実は飲み会の場ってアイデアを
思いつく絶好の場でもあります。

だから、私はどこでセミナーをしても多くは
その後に懇親会を開催しているのです。
あなたも是非、私のセミナーに来ていただく事
があれば、懇親会にも参加してくださいね!

さて、最近LINE@での集客を売りにする起業家
の人も増えてきましたね。
私も仕事柄、分析をする観点から、他の人の
ライン@にいくつも登録をしています。

こうやって登録していると面白いのが配信の
タイミングが全くバラバラということ。
タイミングだけではなくて勿論内容も違い
「本当になぜ?」と思う今日この頃です。。

LINE@で集客をしているという人は多くなり
ましたが、まだまだそこからきちんとお客さんが
来店するという導線ができている人は少ないの
が実際のところです。

その中で、今日は一番大事な事をお話しして
いこうと思います。

何時に配信すると反応がいいとか、
内容やクーポンを変える事でブロックされにくい
とかのテクニカルの部分の話はしません。
それは他で学んでください(笑)

じゃ何をいうかというと、、、
「接触頻度」を考えてください。です。

意味は理解できますよね?
そのままですよ、、、

どのくらいの頻度で情報を配信するか?
なんですね。

よく保険の営業マンで売れる人というのは、
「訪問時間は短い」が「訪問回数は多い」
というのがデータでわかっています。

つまり、頻繁に「接触している」ということ。
このこと知っていました?

でも、これってあなた自身のことを考えて
みて欲しいんですね。

たまーに連絡が来ると、売り込み。。
また、たまーに連絡来ると売り込み。。
(だいたい月に一度くらい)

さて、もう一方は、
毎日と言わないまでも、3.4日に一度は
役立つ情報を送ってきます。
(で、セールスは月に一度)

さ、あなたはどちらから購入を
したいでしょうか?
もちろん、後者ですよね。

よくセミナーで、
「接触頻度が多いとうざがられませんか?」
と質問を受けますが、これは接触頻度ではなくて
「内容」の問題なんですね。

つまり、
セールスばかりすると、誰だって嫌になります。
しかし逆に、「役立つ情報」であれば、欲しい
と思ってもらえるんですね。

話が逸れそうなので戻すと、、、
多くの方が接触頻度を増やすことをしません。

しかし、
接触頻度をふやすからこそ、自然に買って
もらえる状態になるんです。

今日はLINE@を例に出しましたが、別に
LINE@だけに限った話ではありませんよ。
いうまでもなく一番最強は「対面」ですから。

・直接対面
・オンライン画面
・通話
・チャット
・メール
・動画配信
・ニュースレター
・LINE@
・メルマガ

こうやって書き出すと色々な方法がありますね。
あなたもこの機会に接触頻度を増やすにはどうすれば
いいのかについて考えてみてくださいね。

接触頻度を上げると購入率が上がることは研究の
結果でわかっています。

これは接触頻度が上がるほど印象が良くなると
いう効果があるからです。

この効果のこと心理学では
「ザイオンス効果」と言います。

ぜひ、覚えておいてくださいね!

バクアゲ!
小西孝明

*追伸*

勿論、恋愛にも使えますよ(笑)

でも1つ注意なのは、10回以上会っているのに
恋愛に発展しなければ、それ以上印象を変える
ことができないということもわかっています。

無料メルマガ登録 会員制度