こんにちは!

昨日の夜は友人の誕生日会で
お祝いをして来ました。

私は昼間耳鼻科に行って、治療し
夜までになんとか回復することが
できました。

でも薬も飲むので、アルコールを控え
て烏龍茶で終始過ごしました。

お酒が好きな私にとってはきつくも
ありますが、でも薬と一緒にとっては
効果がありませんからね。

体調を戻す時はそれに集中すること。
それが大事なんですね。

これって店舗経営でも同じで、
売上が伸び悩む人って色々しすぎて
います。

あれもこれも行動しても、結局効果が出ない。
でも実は調べてみると同時に真逆のことを
やっていたりするんですね。

この行為はアクセルとブレーキを同時に
踏んでいるようなものです。

だからいくらやっても成果が出ないんです。
あなたは経験ないですか?

売上を伸ばしたいなら、
すぐに現金がいるなら、

いますぐにそのための行動をとる。です。

例えば、
新メニューを考えたり、
店内を改装したり、
これは真逆なんですね。

売上の直結はお客さんがきてお金を
払ってはじめて手元にくるわけです。

新メニューを考えても、それを宣伝
するのにまた時間もお金もかかります。

改装は改装自体にお金がかかるんです。
伝わっていますか?

まず最初にする行動はお客さんを
とにかく集めることです。

て、いうと集まらないから、
新メニュー考えたり、改装したり
するんだって言われます。

でもね問題はそのこではないんですね。

そもそもあなたが今やっていることが
お客さんに伝わってない。

あなたのこだわりが伝わっていないから
お客さんは反応してくれないんですね。

先日私は博多で繁盛店巡りをして来て、
その中で、接客普通、料理旨い、
内装かっこいいのお店に行きました。

特に不満なかったんです。
ただ何が売りか、こだわりかが
全くわからなかったんです。

あなたのお店の売りはなんですか?

キャバクラに行ったことがある人なら
わかると思いますが、、、

なんでキャバクラに行くんですか?
楽しいからですか?

でね1度行き、2度目行って同じ人を
指名するのは、その人に会いに行くためですか?

もしかするとこの質問は耳が痛い人も
いるかもわかりませんが、、、(笑)

夜のお店はわかりやすいです。
ようは、その人に会いに行くためですね。

そのためにお客は通うわけです。

料金が高いとか、安いとか、
メニューがどうか、内装が、、、、
と言わないです。

なぜならその「人」が「売り」
つまりあなたのお店でいう「こだわり」
だからです。

少々極端な例かもしれませんが、
でもまさにその通りなんですね。

話を戻すと、あなたがとる行動は、

1、自店のこだわりを探す
2、こだわりを伝える手段を考える
3、2の手段通りに実行する

上記のサイクルを繰り返します。

そのうちに見えてくるものがあるはずです。

さ、今日も行動して行きましょう!!

やればできる。
応援しています!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS、

今日は体調を戻すため、ゆっくり読書と
軽いストレッチをしようと思います。

休息も必要だなと思います。

でもじっとしてられない自分がいます!
じっとできる方法知っていたら教えてください!笑

小西孝明

無料メルマガ登録 会員制度