新年明けまして
おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!
あなたはどんな年越しを過ごされ
ましたでしょうか?

私は普段できない、通帳のお金の
流れのチェックと、日々の会社の売上
状況をみていました。

なんとなくわかっていてもきっちりチェック
するということが大事だと思います。
大掃除も年末にしますよね?

あれって普段できない掃除を一年の最後に
やっておこうということなんですね。

と、いうことで今年一発目も張り切って
お届けします!!!

私がサポートしている方に結果報告を
していただきましたが、、、

売上が伸び続けているという方ばかりでした。

特徴的だったのは
1.適正客単価を取ることを意識しだし
2.客数は減ったけど、利益は増えたという方が多かったです。

安売りを止めて、ちゃんと利益が取れる価格にすることで、
むやみやたらに客数を増やすのではなく
お客さんを選ぶ客質重視の経営に変わっていきます。

なので、一時的に客数は減りますが、
それ以上に一人当たり客単価が上がっているので
売上的には上がります。

もちろん、利益も増えます。

この利益が増える構造を詳しく話すと

利益=売上(客数↓×客単価↑)-経費↓

ですが、
適正客単価にすることで、
客数が減りますが、それと同時に
売上に対する人件費率や原価も減ります。

だから、利益が増えます。

また、商品価格をちゃんと利益が取れる価格に
することで、

来店するお客さんの層が変わります。
これは何かというと

1.再来店しやすい客層が増える(優良顧客)
2.訳の分からないクレーム客は減る

そういう意味で
1.利益が増えるので金銭的に有利な状況になり
2.客層が良くなるので精神的に有利な状況になり
3.客数が減るので、肉体的に有利な状況になります。

多くの方は、
客数が減ることに
不安を感じますが、

ちゃんと
上記のような経営のことを考えていれば
客数が減ることは不安ではありません。

むしろ、
毎日、安売り客が押し寄せ
働けど働けど、儲からない状態で
お客さんから文句も言われる経営をしている方が
よっぽど不安で辛いです。

こうやって
ちゃんと利益を上げて
休みも取れない生活からおさらばすること。

ちゃんと休みもとって
家族旅行に行くこと。

利益が無いと
スタッフも採用できないし
雇ったスタッフも忙しすぎて
結局、辞めてしまい離職率が高くなる。

それが全て自分に降ってかかり
休めない毎日が続く。

利益を取るってことは
本当に大事です。

「分かってるよ!」
と口では言うものの
具体的に利益の取りかたを知らない方もいますし、
価格を上げられない方も多いです。

でも、
最初に、価格について考え
改善の手を付けないと
いつまでも今の状況を
抜け出せないのです。

2018年
経営について向き合い
収益性の高い強いお店を作っていきましょう。

あなたならできる!
応援しています!

無料メルマガ登録 会員制度