おはようございます!

今日の岡山の天気は良さそうです!
でもちょっと向こうの山には霧がかって
いてその先の山は見えませんね。

先が見えないと人って
不安になります。

例えば、
自分のお店の先行きがわからないと
どうしたら良いのかと不安な気持ちを
かかえたまま、お店の運営をするしか
ありません。

このままではいけないから、
なんとかしないとって勉強するんですね。

教材買ったり、
セミナーに行ったりします。

でも、何をやっても不安で
一向に前に進まないんです。

そこで今日から細かく区切って、
何をどう改善すればいいかを
順番に説明していこうと思います。

これは伝えておこうと思いますが、
売上ではなくって、店舗利益を伸ばす方法
をお話します。

売上はいくら伸ばしても結局利益が残って
いなければ意味がないからです。

昔は人口も増え、会社の規模を大きくし
売上高を伸ばすことがよしとされました。

しかし、この人口が減少していく中で
拡大路線はもうナンセンスです。

従って、私たちは売上よりも、
利益を増やす事にフォーカスして
取り組んでいかないとダメなんですね。

その利益を増やすのにはどう行動すれば
良いかを順番に説明していきます。

1、客単価アップ(一人当たりの利益の改善)

2、既存客の再来店対策

3、新規集客(初めてのお客さんを増やす)

4、上記3つの継続的改善(PDCA)

なぜこの順番なのか?
逆にこの逆はないのか?

多くの店舗経営者って新規客を集める事
ばっかりに集中しています。

しかし、新規客が増えたとしても、
そのお客さんがあなたのお店を気に入って
また再来店してくれる仕組みがないならば、

いくら新規客を集めても、ザルで水をくんで
いるようなものなんですね。

だから先に来店したお客さんが
リピート(再来店)する仕組みを作って
おかないとダメなんです。

もっと言えば再来店よりも
客単価対策の方が先なのかってお話です。

これは冒頭にもお伝えしましたが、ただ売上を
伸ばすことではなくって、利益を伸ばすって所
なんです。

いかに沢山のお客さんを集めても、
一人当たりの利益が低ければ、
儲からないんですね。

薄利多売っていうと、
いいように聞こえるかもしれませんが
儲からないことをしながら、
朝から晩まで働く。

長く商売をやっていくには
きちんと適正利益を出す必要があるんです。

従って、
客単価対策が一番目にくるんですね。

だから行動としては

1、利益を確保できる販売価格を決める
2、購入点数が増えるような店内での販促をする

この2点が大切になります。

今日はこの4つの順番を理解してい
ただければいいです。

どれをどの順番にやって
いくかということです。

せっかくですので、なんとなくではなく
はっきりと理由が言えるくらい

あなた自身が理解できれば、店舗利益は
驚くほど増えることでしょう。

明日からより具体的に
説明していきますのでお楽しみに!

あなたならできる。
応援しています!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS、

今日から一週間の始まりです。
私は31日の水曜日に撮影があります!
そうです、ついにテレビに出るのです。

ではなくって、プロフィール写真の
更新を行います。

色も黒くなり、髪型も変わり、、、
もう以前の写真と違うって色々な
方にお叱りを受けるので!笑

では今週も張り切っていきましょう!!!

無料メルマガ登録 会員制度